スキンケアに欠かせない?リポソームの技術!【スキンケアカウンセラー/薬剤師が解説】

スキンケアに欠かせない?リポソームの技術!【スキンケアカウンセラー/薬剤師が解説】

みなさんはリポソームという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

私は病院勤務時代、特にICU配属時に真菌感染症の治療で大変お世話になった技術です。

リポソームとは…

両親媒性脂質分子の二分子膜からなる微小胞。

この小胞、カプセルの内側に水性画分を有しており、有効成分をリポソームの脂質二分子膜に封入して製剤化されます。

リポソーム製剤は多くの場合において有効成分の生体内での安定性や組織移行性の改善を目的として設計されています。

難しく書いていますが、要は油にも水にも溶ける特徴を持つカプセル内に水溶性の成分を閉じ込めて、安定的かつ効率的に目的組織に有効成分を届ける技術です。

この技術が化粧品で昔から活用されていたなんて!

化粧品の技術力には本当に驚かされます。

このリポソームの技術を使っているコーセーのリポソーム。

リポソームではほとんどの場合、リン脂質と言われる脂質が使われています。

セラミドを骨格の一部に持つリン脂質のスフィンゴミエリンが有名ですが、この商品ではそれとは別のリン脂質のレシチン(ホスファチジルコリン)でリポソーム化しています。

セラミドについては詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

データも論文でいろいろ公開されていてますが、すごい技術だということが分かります。
リポソームの技術:内藤 昇. 膜 2006 ; 31 (4) : 221-223.
リポソームとシート状ラメラゲルの技術紺野 義一. 日本化粧品技術者会誌 2011 ; 45 (2) : 83-91.
リポソームの臨床効果:原田 敬之. 皮膚 1994 ; 36 (5), : 697-706.

ちなみにコーセーのホームページでリポソームの分かりやすい解説が掲載されています。ぜひ参考にしてください。

このリポソームの技術が使われている化粧品がこちらになります。

高価ですが、これだけの技術を使っているのだから当然だと思います。

保湿効果は高いですし、この技術の高さに触れるという意味でも使ってみる価値があると思います。

スキンケア/基礎化粧品カテゴリの最新記事