ワセリンにも違いがある?保湿剤としてのワセリン【スキンケアカウンセラー/薬剤師が徹底比較】

ワセリンにも違いがある?保湿剤としてのワセリン【スキンケアカウンセラー/薬剤師が徹底比較】

わが子たちのぷるぷる肌を見て。

「いつからこんなにカサカサになったんだろう?」

自分の肌と比較して打ちひしがれています。

こんな私はスキンケアで地道に努力していくしかありません。

ドライスキンケアには保湿が大切だと伝えてきましたが、今回は保湿剤の一つエモリエントの代表格であるワセリンについて詳しくみていきましょう。

エモリエント

保湿剤にはエモリエントとモイスチャライザーの2種類に分類されます。

エモリエントは表皮に油脂膜をつくって体内からの水分蒸発を防ぎ角質を柔らかくします。

ワセリンなどがその代表です。

肌の保湿能は皮脂腺から分泌されて角質を覆う皮脂によって保たれています。

ただ年齢などさまざまな要因で皮脂が減少してしまうと角質の水分が蒸発しやすくなり肌はどんどん乾燥していきます。

この皮脂の代わりとなるのがエモリエント。

エモリエントは他の保湿成分は含まれず、あくまでも皮脂の代わりです。

皮膚を保護したり水分の蒸発を抑えるものと考えてください。

ワセリンの用途

ワセリンはベタつくので使用感が苦手な方もいると思いますが、うまく付き合うことができれば頼もしい味方となります。

エモリエントとして

今までの話の流れを考えれば当然ですね。

要するにうるおいを閉じ込めるフタとしての役割。

化粧水や美容液などのモイスチャライザーで潤いを与え、水分の蒸発を抑えます。

モイスチャライザーで水分を補ったあと、手のひらで温めたワセリンをサッと伸ばす。

使う量が多いとベタつきますし、少ないと効果が得られないので、塗る量の目安は何度か試して、ちょうどいい感覚を覚えておくことが簡単な方法ですし、大切になります。

ベタつきが気になるときは、ティッシュオフで調整してみましょう。

リップクリームとして

唇の保湿をするリップクリームの代わり。

グロスのようなツヤも期待できます。

ハイライトの代わりとして

濡れたようなツヤのある肌。

オイルタイプのハイライトを使うことで、このような肌が得られますが、ワセリンはこのハイライトの代りに使えます。

かかとのケアとして

お風呂上がりにかかとへ少量のワセリンをマッサージしながらなじませましょう。

新しい靴やはき慣れない靴を履く日にかかとにワセリンを塗ることで靴ずれ防止も。

ネイルケアとして

入浴後にモイスチャライザーを手や爪に塗り、その上からワセリンを伸ばします。

爪と皮膚の隙間もしっかり塗ってください。

爪の割れ、二枚爪、凸凹、ささくれの予防になります。

ワセリンの種類

ワセリンといっても様々な種類がありますのでみていきましょう。

黄色ワセリン(処方薬、OTC医薬品)

その名のとおり黄色っぽい色です。

ワセリンの中では一番純度が低く、不純物の含有量が多いですが、安価で入手しやすいです。

不純物が多いといっても他のワセリンと比べてということで、基本的には安全です。

ただ刺激を感じたり接触性皮膚炎になる可能性もあるので、その時はすぐに塗るのをやめてください。

医療機関で処方される場合もありますし、薬局などで購入することもできます。

白色ワセリン(処方薬、化粧品)

黄色ワセリンから不純物を取り除いた白色のワセリン。

それでも過酸化物の不純物は含まれているので、敏感肌やアトピー性皮膚炎の方や赤ちゃんなどには刺激となるかもしれないので注意が必要です。

こちらも医療機関で処方される場合もありますし、薬局などで購入することもできます。

プロペト(処方薬、OTC医薬品)

白色ワセリンから不純物を取り除いたものですので、より安全に使えます。

目の周囲を塗るのにも適しています。

抗酸化物質も除去されているので、遮光保存が必要。

これもまた、医療機関で処方される場合もありますし、薬局などで購入することもできます。

サンホワイトP-1(化粧品)

プロペトよりさらに純度の高いワセリンで、高価です。

プロペトでも肌に刺激を感じる場合に使います。

不純物を含むワセリンは太陽光(紫外線)の影響で黄色く酸化し、肌の上でかゆみやかぶれの原因となります。これはプロペトでも。

サンホワイトは不純物を取り除き紫外線の影響を受けにくくしたワセリンです。

サンホワイトは他のワセリンと違い、病院で処方されないので市販品を買う必要があります。

サンホワイトシルキーY-1(化粧品)

サンホワイトP-1よりベタつきを抑えて伸びやすくしたワセリン。

ワンプッシュ式で使いやすいです。

さらっとした使用感でワセリンと同様の保湿効果。

からだの広範囲のケアに適しています。

まとめ

ここまでワセリンについて解説してきました。

保湿剤にはいろいろありますが、ワセリンは減少した皮脂を補う大切な保湿剤の一つです。

しかしワセリンは水分を補充したり、角質層の保湿成分の代わりになるわけではないので、他の保湿剤などと併用することがオススメです。

そのほかの保湿剤についてはこちらの記事を参考にしてください。

スキンケア/保湿剤カテゴリの最新記事